交流電気分解による「地球本来の水」〜マイナスイオンの多い中性還元水とは?〜 交流電気分解の大きな特徴を生かした「産業用として」の用途! 環境還元研究所とは? 環境還元研究所ブログ準備中 当社製品が記事にのりました!メディア紹介へ 食品工業への高周波還元水の応用技術
防臭・洗浄〜清掃工場・クリーニング用水・機械加工用水〜


大切なおしらせ


株式会社環境還元研究所は「ウルトラ還元太郎」「還元太郎」を始めとする交流電気分解によるミネラル還元水素水生成器ならびにフライヤーカンタなどの環境還元研究所が開発した機器の製造・販売、メンテナンス、消耗品などの販売を有限会社ハイパー・ハウス(本社:千葉県柏市/取手支店有)に移譲いたしました。

以後は、有限会社ハイパー・ハウスにお問い合わせくださいますよう御願い申し上げます。

有限会社ハイパー・ハウス
(本社)千葉県柏市名戸ヶ谷1193-2
    TEL: 04-7167-6565
 FAX:04-7167-0665
(取手支店)茨城県取手市戸頭字大日211-1
    TEL:0297-84-6251 FAX:0297-84-6261
http://hyperhouse.biz/

消臭効果

■早川式スケール除去装置(HS-399-30)


 表2-3-1の通り、酸化チタン脱臭処理法に比べて還元水のほうが脱臭効果は大きく、特に硫化水素の脱臭効率は高くなっています。ところが油性のトルエンについては効果が少ない。このことから乳化剤で溶解すると効果が出ると考えられます。

 そして硫化水素、アンモニアの消臭の例として牛舎(150頭)に取りつけた例があります。高周波電流による電気分解槽を牛舎の出入り口に3台設置し、24時間通電することにより水素、酸素ガス及び水蒸気の蒸発による効果で消臭効果が得られ、隣家からの苦情もなくなったとのことです。

 また小型の高周波還元装置をトイレに設置したところ、悪臭が消えた例もあります。またペットのいる部屋に設置したところ同様の結果もでています。 このときには、部屋の広さは8畳で、2リットルの水を還元処理。消費電力2〜3wで、交流電極にはアルミニウムを使用し、電極交換は半年〜1年、数ヶ月間同じ水を還元し続けました。

(表2-3-1)脱臭効率試験比較 
(表2-3-1)脱臭効率試験比較

クリ−ニング用水

 クリーニング用水に使用すると、洗濯物の油汚れに絶大な効果があります。

 これはプラス・マイナスイオン(アニオン・カオチン)により表面張力が低下し、界面活性効果が増大し油汚れを落とすからである。また還元作用により消臭効果も大きくなり、化学薬品や他の方法ではなかなか消えなかった“汗臭さ”や“加齢臭”などの臭いもほとんど消えます。
  • 洗浄効果も大きくなるため、洗剤も普段の30%ほどの量で済みます。 
  • 苛性ソーダ等のpH調整剤も少なく済むので、衣類にも環境にも肌にも優しいのです。
  • 殺藻・殺菌作用がある腐敗しにくい水となるため、洗濯物を細菌から守り清潔に保つことが出来ます。
  • ボイラー給水に使用すると、錆・スケールを剥離分解し、再付着を防ぎ、ボイラー自体の寿命も増加させることができます。
  • 無音運転で、電極に体が触れてもまったく安全なのも、安心できます。